天才たちの共通項  〜子育てしない子育て論〜 笑顔と元気の玉手箱シリーズ3 ≫戻る
 
天才たちの共通項
● 発売日 2004年2月10日 
● 出版社 宝来社

● 目次より ・エジソン
・チャップリン
・手塚治虫
・福沢諭吉
・野口英世
・美空ひばり
・ライト兄弟
・アンデルセン
・吉田松陰
・モーツァルト

※本は販売終了になりました。
現在うたしショップ在庫のみのお取り扱い
となります。
≫ショップ一覧はこちら
            税込金額 : 1,900 円
電子書籍 「笑顔と元気の玉手箱」シリーズが
電子書籍になりました
.>>電子書籍はこちらから
 
■ 内容紹介
 
宝来社さんの「笑顔と元気の玉手箱シリーズ」第3弾です。

“天才”と呼ばれた人たちには共通して、「あなたはあなたのままでいい」「今のままでいい」と言い続けてくれる母親や
祖母(身近な大人)の存在がありました。
幼いとき、母親や祖父母、父親でも、教師でも、そばにいる大人が子供を温かく包み、優しさと愛情を注ぎ続け、
「あなたはあなたのままでいい、今のままでいい」と言い続ける・・・。幼い子供にとってこの言葉は、その子の
一生を左右するような重要なもののようです。

子供は、比べあったり、評価されたりすることなく自分の才能を信じて、心から優しく包んでくれる存在のもとでは、
安心して自分の力を発揮できるようです。“賞賛”、“肯定”によって子供は伸びるらしいのです。

『例えば、子供が洗濯物を(雨が降ってきたので)取り込んでくれたとしましょう。「ありがとう」を言いながらの笑顔、
そして「本当によく気がついてくれた。取り込んでくれてうれしい」の賞賛。「感謝」と「笑顔」と「賞賛」を浴びせると、
その相手はすごく元気になるらしいのです。』(本文より)

天才を育てるつもりがない人も、子育てをしていない人でも、楽しくお読みいただけます。今まで子供を
「ちゃんと育てるためには、叱らなくてはいけない」と思って叱って、イライラしたり、苦しかった人もこれを
読むと子育てが楽になるかもしれません。教育の本質のようなものがわかる一冊です。