守護霊との対話 〜中川昌蔵の世界〜 未来の智恵シリーズ4 ≫戻る
 
守護霊との対話
● 発売日 1998年7月18日
● 出版社 弘園社

● 目次より ・覚醒まで
・経営論
・人の生きかた
・不可思議世界
・雑談対話編

※本は販売終了になりました。
現在うたしショップ在庫のみの
お取り扱いとなります。

※本は、うたしショップで購入できます。
≫ショップ一覧はこちら
●対談CD
  ご案内
書籍「守護霊との対話
〜中川昌蔵の 世界(弘園社刊)での、
中川昌蔵さんと小林正観さんの
大変貴重な対談の音源を、書籍に忠実に
CDとして編集 させていただいたものです。

詳細はこちらから

  金額 : 本体 1,429+税 円
 
■ 内容紹介
 
弘園社さんの「未来の智恵シリーズ」第4弾です。

中川昌蔵さんは、電気街・大阪日本橋「中川無線電機」の創業者社長です。(2002年8月逝去)
60年間仕事一筋で生き、事業のうえでもあるところまで到達した中川さんは、突然の原因不明の病気で
臨死体験をしました。「死」を目の前にしてご自身の使命を思い出し目覚め、そして仕事をやめて
「何のために人は生きるのか」「何のために企業があるのか」を説き始めました(「大自然の法則と経営の理念」など
本を出されています)。
その時の病気のことを中川さんは『神さまは私に使命を思い出させるために病気にしたのでしょう。
そして最後に守護霊が守ってくださったお陰で、わたしはこうして生きているのでしょう。』とおっしゃています。

本書には、正観さんがこれまでの社会観察の結果、把握された世の中のしくみや構造と、中川さんが守護霊と
一問一答しながら生きてこられ、「わかった」と思われるいろいろな構造、経営論、人の生きかた、不可思議世界など
多岐にわたる興味深いお話が、対談形式でわかりやすくまとめられています。
「守護霊に守られて」生きてきた中川さんの実例体験記でもあります。中川さん自身『今まで肉親にも、友人知人にも
自分について語ったことはほとんどなく、多分これが自分を語る最初で最後になるでしょう。』とおっしゃる内容が
ぎっしり詰まっています。

私たちは「なぜ生まれてきたのか」そして、「どのように生きるのか」の方向性が見えてくるかも知れません。