こころの宝島 〜知って楽しい日々の智恵〜 未来の智恵シリーズ5 ≫戻る
 
こころの宝島
● 発売日 1998年11月28日
● 出版社 弘園社

● 目次より ・二つの特別日
・色即是空
・人物をつくる三条件
・使命
・日常生活
・すごい人
・執着
・愛語
・イルカのヒール
・トイレ掃除
・ありがとう結婚
・スプリング
・海の幸
・随喜功徳      ほか

※本は、うたしショップで購入できます。
≫ショップ一覧はこちら
   
  金額 : 本体 1,429+税 円
 
■ 内容紹介
 
本書は、弘園社さんの「未来の智恵シリーズ」第5弾です。

今回のテーマはずばり、“私たちの目の前にある宝の山(宝島)”です。シリーズ第3弾の「こころの遊歩道
同じように、章に分けてありませんので、ちょっとした休み時間に、夜眠る前のわずかな時間に、ぱっと開けて
その項目を読むというような楽しみ方をしていただけます。

『絶対的な“楽しさ”も“喜び”も、どうも宇宙には存在しないらしい。「楽しさ」も「喜び」も「幸せ」も、全て「そう思う心」があって、はじめて存在するようです。心の中に「楽しさ」や「喜び」を感じることができるならば、どんな状況や環境であろうと「幸せ」と感ずることができるのでしょう。』(はじめにより)

「宝の山」は日常生活に存在しているのですね。読む人によっては何百万円も何千万円もの価値ある話が
ぎっしり詰まったまさに”宝”のような一冊です。