幸せの宇宙構造 〜すべての人が幸せになる方法〜 未来の智恵シリーズ7 ≫戻る
 
幸せの宇宙構造
● 発売日 2000年12月25日
● 出版社 弘園社

● 目次より

・幸せの基礎構造 編
・ものの見方 編
・ありがとう実践 編
・その他の日常実践 編

※本は販売終了になりました。現在うたし
ショップ在庫のみのお取り扱いとなります。


※本は、うたしショップで購入できます。
≫ショップ一覧はこちら

   
  金額 : 本体 1,429+税 円
 
■ 内容紹介
 
本書は、弘園社さんの「未来の智恵シリーズ」第7弾です。

幸せの構造、それは「私が“幸せ”と思ったら“幸せ”になる」というとってもシンプルなものです。
日常の現象には「幸」とか「不幸」とか、「プラス」「マイナス」、「成功」「失敗」、「敵」「味方」、「勝ち」「負け」
も存在していないようです。『そう思う心があるだけ』です。

『例えば、一日汗をかいてたくさんの仕事をしたとします。それを終えて、冷たい水を一口グイッと飲んだと
します。その飲んだ一口で「あー幸せ」と思った瞬間に、その人にとってのみ、その「幸せ」が帰属するのです。
その人はそのとき「幸せ」になったのです。「幸せ」を感じたから「幸せ」になった、というわけです。』(本文より)

幸せは遠いところにあるものではなく、私たちはすでに「幸せの海」の中にいたんですね。
いかに目の前の現象や、事実の中に「幸せ」を感じとれるか、それが幸せの本質のようです。